12年の大卒初任給2年ぶり減 厚労省調査、再び20万円割れ

2012/11/15付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省が15日発表した2012年の大卒初任給は前年比1.2%減の19万9600円だった。11年に初めて20万円を超えたが、初任給が高い業種が採用を抑制したことで再び20万円を割り込んだ。

大卒で最も初任給が高かった業種は研究所や弁護士事務所など男女ともに「学術研究、専門・技術サービス業」で男性が21万3300円、女性が20万8100円だった。経営コンサルタントや広告業もこの業種に含まれる。最も初任給が低かった業種は、男性が「医療、福祉」で19万1500円、女性は「宿泊業、飲食サービス業」で18万6700円だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]