/

この記事は会員限定です

原子力防災の対策見直しへ 政府、19日にも初会合

[有料会員限定]

政府は原子力防災会議(議長・野田佳彦首相)の初会合を19日にも開き、関係省庁が使う防災対策のマニュアルの見直しに着手する。原子力発電所の防災区域が従来の8~10キロメートル圏から30キロ圏に広がるため、国と地方自治体の連携も焦点だ。

首相を議長とする防災会議はすべての閣僚で構成。9月の原子力規制委員会の発足に伴い設置した。規制委が月内に決める災害対策の指針に基づき、原発事故に備えた政府の防災体制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン