スマホ保有、日本は53.5% 「ガラケー」も一定の支持

2014/7/15付
保存
共有
印刷
その他

総務省が15日に発表した2014年の情報通信白書によると、日本のスマートフォン(スマホ)の保有率は3月時点で53.5%にとどまり、約9割に上る韓国やシンガポールなど調査したほかの5カ国より低かった。日本では従来型の携帯電話(ガラケー)が高機能に進化したため、現在も一定の支持を得ている。

日本、米国、英国、フランス、韓国、シンガポールの6カ国の各千人にアンケート調査をした。スマホの保有率はシンガポールが93.1%で韓国は88.7%。英国(80.0%)、フランス(71.6%)、米国(69.6%)と続き、日本は最も低かった。ガラケーでは逆転し、28.7%の日本がトップだった。フランス(9.4%)とシンガポール(8.3%)は10%を下回った。

日本ではNTTドコモなど携帯大手と端末メーカーが連携し、iモードなどさまざまなインターネットサービスをガラケーに組み込んできた。このためスマホの普及が遅れ、現在もガラケーから乗り換えない人が多い。

フェイスブックやツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及率も日本は低い。日本での普及率は13年時点で37.8%。韓国(54.4%)や米国(51.7%)、英国(50.2%)などを大きく下回った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]