/

民主会派の平山氏、天皇陛下撮影問題で謝罪

鈴木政二参院議院運営委員長は15日の議運委理事会で、13日の国会開会式前に天皇陛下を携帯電話で写真撮影したと自民党が指摘していた民主党会派に所属する平山誠参院議員から謝罪があったことを明らかにした。平山氏は14日、鈴木氏に「誤解を招く行動があり申し訳なかった。今後は品位ある対応をしたい」と陳謝。鈴木氏は「陛下の送迎時は品格ある行動でおもてなししてほしい」と求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン