/

この記事は会員限定です

菅政権やまぬ逆風 与謝野氏起用「評価せず」5割

本社世論調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社の世論調査で、菅直人首相による内閣改造と民主党役員人事は支持率回復の起爆剤とならず、政権への逆風が弱まっていないことが浮き彫りになった。半数が改造を評価せず、内閣支持率の上昇も5ポイントにとどまった。小沢一郎元代表を巡る混乱などが続く中、民主党政権下では初めて民主党の支持率が自民党を下回り、政権は苦しい局面が続く。

首相の「誤算」が鮮明になったのが与謝野馨氏の経済財政担当相への起用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン