/

この記事は会員限定です

9年目の劇薬、変わらぬ体質 民主代表選あのときと今(上)

02年12月 「小沢対非小沢」

[有料会員限定]
 菅直人首相の後継を選ぶ民主党代表選に向け、同党内の動きが活発になってきた。代表選は党の抱える問題点を浮き彫りにし、その後の党運営の方向性を決めてきた。これまでを振り返り、現在の民主党が直面する課題を点検する。1回目は小沢一郎氏の存在について。

「小沢一郎」の存在が民主党代表選で初めて注目を集めたのは2002年12月。小沢は自由党党首で、まだ、民主党の外にいた。

話は同年9月にさかのぼる。鳩山由紀...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン