官房長官「日韓通貨協定、見直しも」 大統領発言に反論

2012/8/15 17:00 (2012/8/15 17:21更新)
保存
共有
印刷
その他

政府は15日午後、天皇陛下の訪韓の条件に謝罪を求めた韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領の発言について、公式に反論する見解を示した。藤村修官房長官は記者会見で「理解に苦しみ、極めて遺憾だ」と批判。外交ルートを通じて韓国側に抗議したことも明らかにした。玄葉光一郎外相も記者団に同様の考えを示した。

野田佳彦首相は李大統領の最近の一連の言動に関し、記者団に「理解に苦しむ発言で遺憾だ」と不快感を示した。…

保存
共有
印刷
その他

日本側の反応

日本が抱える領土問題の動き

クイックVote


電子版トップ



[PR]