/

維新とみんなの党、共通政策作りへ

日本維新の会の橋下徹代表は15日、9月の結党後初めて与野党幹部を挨拶回りした。国会内で会談したみんなの党の渡辺喜美代表とは選挙協力を前提に政策の擦り合わせを始めることで一致。会談に同席したみんなの江田憲司幹事長は記者団に「政策調査会レベルで話し合う。心機一転、連携を図りたい」と述べた。

挨拶回りには松井一郎幹事長や国会議員団代表の松野頼久氏らが同行。橋下氏は、最初に国会内で会談した自民党の安倍晋三総裁に、国政進出に向けた党運営に関して「楽ではない」と語った。次期衆院選に向けた候補者の擁立方針は「鋭意、選考中だ」と述べるにとどめた。国会対応は松野氏に任せる方針を改めて示した。

一方、民主党は輿石東幹事長らが対応。橋下氏は、臨時国会で焦点となる赤字国債発行法案への対応について「衆院解散や政局を絡めることはしない」と明言。松井氏は「国会議員の定数削減で一緒にやりたい」と述べ、民主側も前向きに応じたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン