GDP年率5.9%増 1~3月期、駆け込みで消費伸びる

2014/5/15付
保存
共有
印刷
その他

内閣府が15日発表した1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比1.5%増、年率換算で5.9%増となった。4月1日の消費増税を前にした駆け込み需要で個人消費が大きく伸びた。物価動向を総合的に示すデフレーターは前年同期比0.01%上昇に転じ、2009年7~9月期以来4年半ぶりにマイナス圏を脱した。

甘利明経済財政・再生相は15日の記者会見で「デフレ脱却に向け着実に前進している」との認識を示した。足元の動向も踏まえ「前回(の増税時)に比べ駆け込み需要は想定を超えるが、反動減はいまのところ想定内だ」とも分析した。

1~3月期の実質GDPは、東日本大震災による落ち込みの反動で大きく伸びた11年7~9月期以来となる高い伸びとなった。プラス成長は6四半期連続。同3.0%増だった1997年1~3月期の前回の消費増税前も上回った。生活実感に近い名目GDPは前期比1.2%増、年率で5.1%増えた。

実質GDPは金額ベース(05年基準、年率換算)で535.5兆円となった。GDPの水準はリーマン・ショック後に急激に落ち込んだが、1~3月期は08年1~3月期に付けたピーク(529.5兆円)を上回った。経済規模はようやく00年代の水準を超えたといえる。名目の水準は依然としてリーマン・ショック前の水準に届いていない。

成長をけん引したのは個人消費だ。伸び率は実質で前期比2.1%増と6四半期連続で伸びた。自動車や家電などが全体を押し上げた。2月に大雪があった影響でサービス支出に一部もたつきもあったが、耐久財の駆け込み需要は増税前に一気に高まった。住宅投資は前期比3.1%増と8四半期連続プラスだった。

収入の動きを示す雇用者報酬は名目ベースの前年同期比で0.4%増えた。ただ、物価の影響を除いた実質では0.7%減っており、増税後にマイナス幅がさらに拡大する公算が大きい。

設備投資は前期比4.9%増と4四半期連続で伸びた。昨年10~12月期(前期比1.4%増)に比べ大幅に加速しており、企業経営者の間で前向きな投資マインドが本格的に広がりつつある。

公共投資は前期比2.4%減と5四半期ぶりにマイナスになった。東日本大震災の復興事業などで水準は高いが、今までの補正予算が出尽くした影響も出ている。

一方で海外需要はさえなかった。輸出から輸入を引いた外需の成長率への寄与度はマイナス0.3ポイントと、3四半期連続で落ち込んだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]