/

この記事は会員限定です

核のゴミ減量へ研究施設誘致を 自民、最終処分事業で提言

[有料会員限定]

自民党は原子力発電所から出る「核のゴミ」の最終処分事業に関する提言をまとめた。国が科学的に最終処分の適地を選ぶとともに、核のゴミの量を減らす減容化の研究施設の誘致も支援するよう求めた。国が雇用創出など地域経済を積極支援する姿勢を示すことで、最終処分の候補地の理解を得られやすくする仕組みが必要だとしている。

17日に開く資源・エネルギー戦略調査会の小委員会で提言を決める。政府は提言も踏まえ、春に最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン