職のミスマッチ解消、経済対策でも重点に
試用奨励や資格整備

2010/11/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府もミスマッチ解消が雇用改善のカギを握るとみている。9~10月に相次いで打ち出した経済対策でもミスマッチ対策に重点を置いた。

目玉の一つがトライアル雇用奨励金だ。卒業後3年以内の若者を雇う企業に対し、試用期間を設けて奨励金を支給する。大阪大の佐々木勝准教授は「企業が優れた人材を探す費用が下がり、企業と学生のマッチングを円滑にする効果を期待できる」と指摘する。

新卒者の雇用相談に乗るジョブサポ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]