/

福岡高検検事長に鈴木氏

政府は15日の閣議で、麻生光洋福岡高検検事長(62)が25日付で退官し、後任に鈴木和宏広島高検検事長(60)を充てる人事を決めた。広島高検検事長には勝丸充啓高松高検検事長(60)、高松高検検事長には清水治法務総合研究所長(60)を起用する。いずれも発令は26日付。

鈴木 和宏氏(すずき・かずひろ=福岡高検検事長)74年(昭49年)一橋大法卒、76年検事任官。東京地検検事正、11年8月広島高検検事長。北海道出身。

勝丸 充啓氏(かつまる・みつひろ=広島高検検事長)76年(昭51年)東大法卒、78年検事任官。最高検公安部長、10年12月高松高検検事長。兵庫県出身。

清水 治氏(しみず・おさむ=高松高検検事長)76年(昭51年)京大法卒、78年検事任官。福岡地検検事正、10年10月法務総合研究所長。大阪府出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン