復興会議初会合、原発は任務外との指示に委員ら異論

2011/4/15付
保存
共有
印刷
その他

復興構想会議の五百旗頭真議長は14日の同会議会合で、福島第1原子力発電所の問題について「なお危機管理的状況にあり、それ自体があまりにも大きな問題なのでこの会議の任務から外すと菅直人首相から指示をもらっている」と説明した。

これに対し、異論が続出。哲学者の梅原猛特別顧問は「この災害は天災であり、人災であり、文明災。文明がさばかれている」と原発事故を外すことに反論した。作家の玄侑宗久委員は「別に話し合って加える形にしないと福島県民にとって会議が意味のないものになってしまう」と述べた。

また、複数の委員からは「官僚が入っていないじゃないか。ノウハウを持っているのは官僚だ」との声も出た。脚本家の内館牧子委員は「絵に描いたモチを語り合っていると国民に思われたら、東北がつぶれる。この会議が何を目指しているのか、国民に知らしめる必要がある」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]