/

この記事は会員限定です

「薬価改定、1年ごとに」 諮問会議で民間議員提言

[有料会員限定]

経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)の民間議員は16日の同会議で、病院などの収入源である診療報酬のうち医薬品の公定価格である「薬価」を毎年改定するよう提言する。現在は原則2年に1度見直しているが、変動が激しい医薬品市場の実勢価格を柔軟に反映させ、医療費削減につなげる。

総額年40兆円超の診療報酬は医師らの技術料にあたる「本体」部分と、薬価部分の2つからなる。薬価をどれだけ改定するかは、調剤薬局な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン