/

この記事は会員限定です

次世代電力計、24年度までに全世帯導入 電力10社が計画前倒し

[有料会員限定]

東京電力など大手電力10社は次世代電力計(スマートメーター)を2024年度までに全世帯に配布する方針を固めた。対象は約8000万世帯。電気の使用状況を30分ごとに把握できるスマートメーターを使うと、家庭は節電しやすくなる。各社は設置完了の計画を最大で8年前倒しして電力小売り自由化後の競争に備える。

10社は経済産業省が17日に開く会議にスマートメーターの設置計画を提出する。東電は20年度、関西、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません