東電に水産物の風評被害賠償拡大を要請 平野復興相

2012/6/14付
保存
共有
印刷
その他

平野達男復興相は14日、東京電力の広瀬直己常務と復興庁内で会い、福島第1原子力発電所事故に伴う水産物の風評被害への賠償を加速するよう要請した。風評被害で水産物の市場価格が例年より下回った場合、その差額を賠償する内容。会談後、広瀬常務は記者団に「農水省の力も借り、しっかりやっていきたい」と前向きに検討する姿勢を示した。

復興相は「(被災地の水産物が)消費者を取り戻すには時間がかかる。長期間でのサポートをお願いする」と述べた。また、「(避難区域に指定されている)双葉郡などの自治体と東電の意思疎通が不十分だ」と指摘。賠償手続きを円滑に進めるため、東電の役員自らが自治体トップなどの要望を聴くことも求めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]