雇用調整助成金、4月に一部減額 厚労省

2011/1/14付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は14日、業績が悪化しても従業員の雇用を維持する企業を支援する「雇用調整助成金」を一部減額すると発表した。中小企業が従業員を解雇をせずに職業訓練をした場合、現在は従業員1人1日当たり6000円(大企業は4000円)を雇用保険から助成していたが、4月からそれぞれ半額に減らす。

企業内で職業訓練をした場合の助成金は以前は同1200円だったが、2008年の金融危機後に現行水準に引き上げられた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]