/

この記事は会員限定です

自民に入れなかった松下政経塾生 世襲との戦い

[有料会員限定]

この国では「地盤、看板、かばん」がないと政治家になる資格はないのか――。多くの松下政経塾出身者の原点には親から子どもといった近親者同士で選挙区や後援会を譲り、政治を家業とする世襲政治家へのルサンチマン(憎悪)がある。政経塾出身者は民主、自民両党を合わせて国会議員38人の一大勢力。「松下政経塾」というブランドの新たな世襲が生まれつつある。(文中敬称略)

 2009年7月14日の衆院本会議。麻生内閣の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン