/

この記事は会員限定です

解散にらみ維新に接近 民・自議員、合流や新党視野

[有料会員限定]

橋下徹大阪市長が率いる「大阪維新の会」をめぐり、民主、自民など超党派の議員で維新への合流や新党結成を模索する動きが出ている。次期衆院選で維新が候補者を本格的に擁立すれば「既成政党には厳しい戦いとなる」との見方があり、維新との協力に期待する議員が増えている。

積極姿勢が目立つのが、民主党の松野頼久元官房副長官や自民党の松浪健太衆院議員が中心に立ち上げた「道州制型統治機構研究会」だ。超党派議員十数人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン