/

蓮舫節電啓発担当相、計画停電混乱「初めての事態」

蓮舫節電啓発担当相は14日午前、東京電力の計画停電の方針が二転三転していることに関し、首相官邸で記者団に「混乱を生じさせていることは申し訳なく思う。初めての事態だ」と陳謝した。「発表が早くない段階だったという批判もすべて真摯(しんし)に受け止め、今後批判がないように政府として対応していく」とも述べた。

広報体制が混乱した東電については「正すべきものは正したい。厳しいことも含めてやらせていただく」と語った。同時に、停電が実施されない場合も節電を続けるよう改めて国民に要請した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン