/

衆院憲法審査会が再開 「天皇」と「戦争の放棄」で各党が意見

衆院憲法審査会は14日午前、第2次安倍政権発足後、初の会合を開いた。「天皇」と「戦争の放棄」に関して各党が意見を表明。自民党の船田元氏は「天皇は元首であるべきだ」と主張、民主党の武正公一氏は「諸外国から元首としての扱いを受けており、(現在の)象徴天皇制は機能している」と語った。

日本維新の会の馬場伸幸氏は「皇位継承は男系男子が行うと憲法、皇室典範に明記すべきだ」と述べた。公明党の大口善徳氏は憲法に天皇は元首と明記することについて「何らかの国政の権能を与える印象を与える」と慎重な姿勢を示した。

衆院審査会は昨年5月から条文の本格的な審査を始めた。昨年12月の衆院選を踏まえ、改めて各党がそれぞれの論点への意見を述べる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン