自民、選挙制度改革で「比例特例枠60」を提案
中小政党に配慮

2013/3/14付
保存
共有
印刷
その他

自民党選挙制度改革問題統括本部(細田博之本部長)は14日午前の総会で、衆院選の比例代表定数を30削減して150にし、このうち60議席を得票率2位以下の政党に優先的に割り振る「特例枠」とする案を決定した。今後の扱いは執行部に一任した。比例定数を削減すると議席を得にくくなる中小政党に配慮したが「憲法違反だ」などの批判もあり、調整は難航する可能性がある。

削減後の定数150のうち、90議席は従来通りの…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]