GDP実質1.9%増 7~9月年率、4四半期連続プラス

2013/11/14付
保存
共有
印刷
その他

内閣府が14日発表した2013年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は物価の変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比0.5%増、年率換算で1.9%増となった。4四半期連続のプラスだが、年率3.8%増だった前期に比べ伸び率は縮んだ。公共投資や住宅投資がけん引する一方、成長率を押し上げてきた消費や輸出に一服感が出た。

実質成長率の速報値は民間エコノミストの予想の平均(1.5%増)を上回った。生活実感に近い名目成長率は0.4%増、年率で1.6%増となった。実質GDPの前期比の増減にどれだけ貢献したかを示す寄与度でみると、国内需要が0.9ポイント押し上げる一方、輸出から輸入を差し引いた外需はマイナス0.5ポイントと、3四半期ぶりに押し下げ要因となった。

政府の経済対策による効果が続き、公共投資が6.5%増と前期(4.8%増)に比べ伸びを高めたほか、消費増税前の駆け込みをにらんだ住宅投資も2.7%増えた。

個人消費は0.1%増と、4四半期連続のプラス。自動車や宝飾品などの高額消費が堅調を保った半面、株価の上昇が一服して証券売買手数料が減り、前期の伸び率(0.6%増)を下回った。

設備投資も0.2%増と、火力発電や自動車など輸送用機械への設備投資が堅調で、3四半期連続のプラスとなった。伸び率は1.1%増だった前期に比べ鈍った。

輸出は0.6%減と、3四半期ぶりにマイナスに転じた。アジア向けが減ったほか、米国向けも自動車などの一部企業が現地工場に生産を移したことにより、日本からの輸出が落ち込んだ。

甘利明経済財政・再生相は記者会見で、冬の賞与は増える見込みなどを踏まえ「(景気の)良い循環は始まっていると思う」と語った。

総合的な物価動向を示すGDPデフレーターは前年同期比マイナス0.3%と、前期(マイナス0.5%)よりも下落幅が小さくなった。国内の物価動向を表す国内需要デフレーターはプラス0.5%と、2008年7~9月以来5年ぶりのプラスに転じた。

GDPデフレーターは消費者物価と計算法が異なり、国内物価と輸出物価の合計から輸入物価を差し引く。このため原油高など輸入価格の上昇はデフレーターを押し下げる方向に働き、GDPデフレーター全体ではマイナスとなった。名目値が実質値を下回り、デフレの象徴とされる「名実逆転」は解消していない。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]