/

成長戦略・骨太を閣議決定 首相「実行あるのみ」

「骨太の方針」を閣議決定(テレビ東京)

「骨太の方針」を閣議決定(テレビ東京)

政府は14日の閣議で、経済財政運営の基本姿勢を示す「骨太の方針」と、成長戦略である「日本再興戦略」を正式に決めた。経済の底上げや財政再建に取り組む決意を示し、国内外の投資家を日本市場にひき付ける狙いだ。円高や株価の急落など金融市場の動揺が広がっており、首相は成長戦略の具体化を急ぐ。

閣議では規制改革の実施計画も決めた。政府は閣議に先立ち日本経済再生本部を開き、成長戦略を決定した。首相は「主要8カ国(G8)首脳会議で成果を十分にアピールしていきたい」と語った。閣議後には記者団に「経済再生と財政再建の道筋ができた。あとは実行あるのみ」と強調した。

成長戦略や骨太方針で首相の経済政策「アベノミクス」が出そろった。成長戦略は法人税実効税率の引き下げに踏み込まなかったが、設備投資減税を明記した。三大都市圏を中心とする国家戦略特区では、外国企業の誘致を進めやすくする規制緩和を進める。

閣議に臨む安倍首相(中央)ら(14日、首相官邸)

骨太方針では、高齢化で増える社会保障費を含めて歳出を効率化するなど財政健全化の方向性を示した。規制改革の実施計画には、職務や勤務地を限定した正社員の雇用ルールを2014年度までにまとめるといった工程表を盛り込んだ。

経済と財政の改革姿勢を示すのは、東京株式市場の売買代金シェアの6割を握る海外投資家を意識した面が大きい。甘利明経済財政・再生相は閣議後の記者会見で「成長戦略を実行すれば、中長期の資金を引きつける魅力になる」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン