/

この記事は会員限定です

特許審査の請求期限、災害時など1年猶予 政府方針

[有料会員限定]

政府は特許申請で出願後、3年以内に審査請求しなければならない手続きについて、災害時などには1年の猶予期間を設ける方針を固めた。地震や洪水などによる被災やサイバー攻撃に伴うシステム障害など、正当な理由で3年以内に審査請求できないケースを救済する。今秋の臨時国会にも特許法改正案を提出し、2015年からの導入を目指す。

特許を取得するには特許庁に先に発明したことを証明する出願の手続きをしてから3年以内に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り422文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン