おおい町長「歓迎」、滋賀知事らは反発
大飯再稼働「妥当」

2012/4/13付
保存
共有
印刷
その他

野田佳彦首相らが、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の安全性を最終確認し、再稼働に向け地元への協力要請を決めたことについて、おおい町の時岡忍町長は13日、「ずっと待っていた。(安全性が)確認されたということは歓迎する」と政府の対応を評価した。町役場で記者団の取材に応じた。

一方、滋賀県の嘉田由紀子知事は同日夜、「政府は関西のことが全く見えていない」と反発。「地元としては絶対の安全性を担保するように求めたい」と表明した。京都府の山田啓二知事も「大飯原発を視察したが、いろいろな面で安全上の懸念が残っている」と指摘。「政府の判断は正直言って、早いと思う」と述べた。

関電の筆頭株主である大阪市の橋下徹市長も13日、「政治家が安全なんて確認できるわけがない」と批判。「ストップをかけるなら国民が民主党政権を倒すしかない。次の選挙の時に民主党政権には代わってもらう」と語った。

橋下市長は大飯原発の再稼働について「手続きに欠けている民主党の再稼働のプロセスは、統治のやり方として本当に危険だ」などと指摘した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]