/

この記事は会員限定です

政府、東電向け融資枠9~10兆円に倍増 除染加速

[有料会員限定]

政府は交付国債による東京電力向けの無利子融資枠をいまの5兆円から9兆~10兆円に拡大する方針を固めた。福島第1原発周辺の除染や賠償の費用拡大に対応し、東電の財務を支援する。さらに東電が巨額の債務を返せず電力の安定供給に支障が出るのを防ぐため、国が除染や中間貯蔵施設の費用の一部を負担する。その財源は国が保有する東電株の売却益や税金をあてる。除染などを加速する財政の裏付けが整う。

政府が月内に開く原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン