イラン制裁、邦銀への影響は 原油決済「年1兆円」
米から締め出し、死活問題に

2012/1/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

核開発を続けるイランに対する米国の制裁をめぐり、日本の金融機関への影響が懸念されている。原油取引の決済でイランと取引する銀行は、米市場での活動が認められない恐れがあるためだ。問題の背景や今後の展開を整理した。

Q 制裁の内容は。

A 昨年末に成立した「米国防授権法」はイランの金融機関と取引する銀行が、米国の銀行と取引することを禁止している。イランと取引すれば米市場から締め出される格好だ。金融の締…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]