/

復興会議議長、増税含め「すべての可能性考える」

政府の復興構想会議の五百旗頭真議長は13日、日本記者クラブでの講演で、東日本大震災の復興財源について「どの処方も排除せず、すべての可能性を考える」と述べ、増税も含め議論を進める考えを示した。同時に「すべて借金で賄ったら財政破綻の引き金になりかねない」と指摘し、財政規律に配慮すると強調した。「復興には与野党が協力して対処しないといけない」と、与野党協力の必要性も訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン