労使交渉「デフレ脱却訴えた成果」 連合会長

2013/3/13付
保存
共有
印刷
その他

連合の古賀伸明会長は13日の記者会見で「ここ数年、所得向上でデフレ脱却を果たすべきだと訴えてきた。その成果がうかがえる」と春季労使交渉を評価した。ただ安倍政権の賃上げ要請には「政府から何か言われる筋合いはない」と不快感を示した。「政府の本来の役割は最低賃金の引き上げや、非正規労働者が増えないような政策を打つことだ」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]