中国海軍、日本近海に 沖縄本島・宮古島間
艦艇10隻、過去最大の規模

2010/4/13付
保存
共有
印刷
その他

北沢俊美防衛相は13日の記者会見で、中国海軍の潜水艦など10隻が10日に沖縄本島と宮古島の間の公海上を南下したと発表した。防衛相が公表するのは異例。中国海軍の活動としては過去最大で、日本政府は情報収集と分析を急いでいる。

沖縄本島と宮古島の間の公海上を航行する中国海軍の潜水艦(10日、防衛省提供)=共同

防衛省によると、海上自衛隊の護衛艦が10日午後8時ごろ、中国のキロ級潜水艦2隻など10隻が沖縄本島の西南西約140キロメートルの公海上を航行していることを確認した。潜水艦は浮上していた。

同海域では今年3月に6隻、昨年6月には5隻の中国海軍艦船が航行しているが、10隻は異例の数だ。

8日には中国艦から発艦したとみられるヘリコプターが、監視していた護衛艦に距離約90メートル、高度差約30メートルまで近づいて飛行。政府は外交ルートで12日に中国側に「危険な行為と認識している」と申し入れた。

中国海軍が通過したのは公海上で、軍艦を含む外国船舶の航行が認められている。平野博文官房長官は13日の記者会見で「公海上だからなぜ通っているんだ、ということではない」と指摘しながらも「なぜこの時期にという疑念は抱く」との懸念を表明した。赤星慶治海上幕僚長は記者会見で「ここ数年、中国海軍は装備を近代化し運用の技量を上げている」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]