スポーツ外交強化へ 外務省有識者懇が初会合

2014/2/13付
保存
共有
印刷
その他

外務省のスポーツ外交強化に関する有識者懇談会が13日、同省で初会合を開いた。発展途上国へのスポーツ振興支援策などを話し合い、座長に小倉和夫元駐フランス大使、委員に元五輪選手の有森裕子、鈴木大地両氏やローソンの新浪剛史最高経営責任者らが就任。年末までに岸田文雄外相への提言をまとめる。

会合では「日本の学校体育は先進的であり、日本モデルを各国へ発信・輸出する意義は大きい」などの意見が出た。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]