国家公務員に中途採用枠 12年度導入
人事院が一括で試験 初年度60人程度

2010/8/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は国家公務員の採用に「中途採用枠」を設ける方針を固めた。これまでは各府省庁がばらばらに中途採用していたが、人事院が正式な制度として一括して試験する方式に改める。民間企業などで経験を積んだ人材を登用し、行政サービスの向上につなげる狙い。若手公務員の早期退職で人員が薄くなっている層を穴埋めする思惑もある。2013年春に入省する国家公務員試験(12年度試験)から導入する。

新たに設けるのは「経験者…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]