/

この記事は会員限定です

民主税調も「党高政低」 自民時代に体制酷似

[有料会員限定]

民主党税制調査会は13日、人事体制を決めた。復興増税への反対論が強い小沢一郎元代表や鳩山由紀夫元首相のグループが代表選で支持した海江田万里氏を筆頭副会長に起用し、他のグループの人材も満遍なく副会長に配置した。

会長代行には旧民社党の中野寛成氏を充て、世代間のバランスも取った。15人の副会長には小沢元代表に近い樋高剛氏や鳩山グループの大谷信盛氏のほか、菅直人前首相や鹿野道彦農相のグループからも選んだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン