非正規雇用1881万人で過去最多に 4~6月
雇用者全体の36%に

2013/8/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総務省が13日発表した4~6月期の労働力調査(詳細集計)によると、非正規雇用で働く人は1881万人となり、四半期ベースで2002年の集計開始以来最多となった。役員を除いた雇用者全体の数も過去4番目の多さだったが、正社員は減った。総務省は「景気対策の効果などで雇用は生まれたが、非正規に流れているのが現状」と分析している。

役員を除いた雇用者数は5198万人。このうち非正規が1881万人で、36.2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]