/

東電社長、柏崎刈羽原発「まずは審査申請したい」

東京電力の広瀬直己社長は13日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)再稼働の安全審査について「地元の理解を得て、まずは申請したい」と語った。同原発再稼働を巡っては地元との調整が難航しているが、審査を申請し再稼働をめざす考えを改めて表明した。

福島県楢葉町で記者団の質問に答えた。今月上旬に物別れに終わった新潟県の泉田裕彦知事との再会談に関しては「機会を頂ければ、ぜひ我々の考え方を説明したい」と意欲を示した。そのうえで「国からもサポートしてもらえると有り難い」と発言。地元の説得に向けた政府の支援に期待を示した。

これに先だち、長谷川閑史代表幹事ら経済同友会幹部は、東京電力福島第1原子力発電所などを視察。長谷川氏は記者団に「(原発運営や事故対応について)国と電力会社の責任分担を明確にすべき時期に来ている」と述べ、事故対応で国の関与を強めるべきだとの考えを示唆した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン