「JRと連携模索」 台湾高速鉄道トップに聞く
日本、一歩前へ(3) インタビュー

(1/2ページ)
2013/5/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台湾の南北を縦貫する台湾高速鉄道は日本の新幹線システムを中心に導入し、2007年に開業した。台北―高雄の2大都市を約1時間半で結ぶその姿は日本の新幹線そのものだ。日本の新幹線システムを海外輸出した唯一の事例でもあり、今後は運営会社の台湾高速鉄路(台湾高鉄)と東海旅客鉄道(JR東海)などが海外システム輸出で協力する。新幹線システムの評価やJRとの今後の連携について、台湾高鉄の欧晋徳・董事長兼執行長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

第3部 日本、一歩前へ

「アジア跳ぶ」バックナンバーから


関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]