/

この記事は会員限定です

維新、衆院選に壁2つ 「みんな」連携・支部作り

[有料会員限定]

橋下徹大阪市長が代表を務める日本維新の会が次期衆院選に向けて壁にぶつかり始めた。すべての小選挙区候補を単独で立てる原則を事実上修正。みんなの党と15日に選挙協力協議を再開するが、課題は多い。独自の地方支部づくりも思うように進まず不安を抱えている。

みんなの党に再接近

みんなの党の渡辺喜美、維新の橋下両代表が顔を合わせるのは8月以来。当時、橋下氏は、みんなが解党したうえで維新に合流することを提案したが、渡辺氏が解党を拒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン