「『失われた20年』に戻すのか」 首相、午前の遊説再開

2012/12/13付
共有
保存
印刷
その他

 野田佳彦首相は13日午前、東京都荒川区内で街頭演説し、自民党政権時代の経済政策を「1990年から2009年の20年間で公共事業に200兆円を使い、430兆円の借金を作った。それでデフレから脱却できたかどうかは歴史が証明している」と批判した。その上で「失われた20年に時計の針を戻すのか」と強調した。

 首相は北朝鮮のミサイル発射を警戒し、10~12日の午前中は首相官邸に待機し、午後から遊説に出る日程を組んでいた。首相は日曜日の9日午前はテレビ番組に出演しており、午前中の遊説は8日以来となる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

野田佳彦ミサイル

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:00
関西 7:00
6:17
中国 7:01
7:00
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報