/

「『失われた20年』に戻すのか」 首相、午前の遊説再開

野田佳彦首相は13日午前、東京都荒川区内で街頭演説し、自民党政権時代の経済政策を「1990年から2009年の20年間で公共事業に200兆円を使い、430兆円の借金を作った。それでデフレから脱却できたかどうかは歴史が証明している」と批判した。その上で「失われた20年に時計の針を戻すのか」と強調した。

首相は北朝鮮のミサイル発射を警戒し、10~12日の午前中は首相官邸に待機し、午後から遊説に出る日程を組んでいた。首相は日曜日の9日午前はテレビ番組に出演しており、午前中の遊説は8日以来となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン