/

猪木氏懲罰動議を可決、参院 山本氏は厳重注意

参院は13日午前の本会議で、参院の渡航許可を得ずに北朝鮮を訪問した日本維新の会のアントニオ猪木氏への懲罰動議を自民、公明、民主各党などの賛成多数で可決した。これを受け懲罰委員会が週内にも処分の是非や内容を審査する。参院での懲罰動議可決は1952年以来、61年ぶり。

国会法は懲罰の種類を(1)戒告(2)陳謝(3)一定期間の登院停止(4)議員の身分を失う除名――の4段階で定める。懲罰委で内容を固めたうえで、本会議で採決して決定する。

猪木氏の動議可決に先立ち、山崎正昭議長は本会議で、天皇陛下に園遊会で手紙を渡した山本太郎氏を厳重注意したことを報告した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン