2019年2月16日(土)

郵政、上場に不透明感 TPPで新規業務凍結

2013/4/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本郵政株の上場計画の実現に不透明感が出ている。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加を巡って政府は12日、かんぽ生命保険のがん保険、ゆうちょ銀行の住宅ローンなど新規業務を凍結する方針を発表した。成長戦略が描けなくなり、2015年秋としていた上場時期がずれ込む可能性も出てきた。東日本大震災の復興財源の手当てにも影響が出そうだ。

麻生太郎財務・金融相は同日の会見で「(民間との)適正な競争関係が確立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報