首相、東京裁判「勝者による断罪」 衆院予算委で

2013/3/13付
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、太平洋戦争をめぐる日本の指導者の責任が追及された極東国際軍事裁判(東京裁判)について「日本人自身の手によることではなく、連合国側の勝者の判断で断罪がなされた」との認識を示した。同時に「歴史の評価は専門家や歴史家に任せるべきだ」と述べ、政府として検証する考え…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]