/

この記事は会員限定です

原発巡り自民の推進・慎重派がさや当て エネ基本計画にらむ

[有料会員限定]

自民党で原子力発電の推進派・慎重派それぞれの議論が活発になっている。推進派は12日から原子力規制委員会の審査体制の強化に向けた検討を本格的に始めた。慎重派は脱原発の方向性を訴えていく方針を確認した。原発を重要電源と位置づけたエネルギー基本計画を3月中に閣議決定する政府方針を意識した動きだ。

推進派の電力安定供給推進議員連盟(細田博之会長)は12日、関西電力と四国電力から再稼働に向けた取り組みを聞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン