/

小泉元首相、靖国問題で中韓を批判 安倍首相の外交を支持

小泉純一郎元首相は12日の日本記者クラブでの講演で、靖国神社への参拝を問題視する中国、韓国の対応を批判した。小泉氏は「どこの国でも戦没者に哀悼の意を表するのは当たり前だ」と強調。「批判するのは中国と韓国だけだ」と述べた。

首脳会談が途絶え、悪化している日中関係について「中国も実は本心では困っているのではないか」と指摘。安倍晋三首相の対中外交の姿勢について「今のままの対応でいい」と評価し「中国は大人げない対応をしたと恥ずかしい思いをする時が来る」と語った。沖縄県・尖閣諸島を巡る日中間の対立についても「日本の考えを変える必要はない」と助言した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン