経産相に枝野氏起用 原発対応の経験を重視
臨時国会13日召集

2011/9/12付
保存
共有
印刷
その他

野田佳彦首相は12日、東京電力福島第1原子力発電所視察後の不適切な言動で引責辞任をした鉢呂吉雄前経済産業相の後任に、枝野幸男前官房長官を起用した。菅内閣の官房長官として原発事故の経緯に精通していることから適任と判断した。枝野氏は同日夜の皇居での認証式を経て就任。首相は13日に召集される臨時国会の衆参両院本会議で、就任後初の所信表明演説に臨む。

経産相就任が決まり首相官邸に入る枝野氏(12日午後)

経産相就任が決まり首相官邸に入る枝野氏(12日午後)

枝野氏は福島第1原発事故被害の賠償問題などを担う原子力経済被害担当相を兼務する。「福島の再生なくして日本の再生なし」と明言する首相は原発事故の収束を最優先課題の一つに掲げる。藤村修官房長官は12日の記者会見で「即戦力で、先般まで官房長官の要職にあり、復旧・復興にとどまらず福島県の問題にも深く携わってきた」と起用の理由を説明した。

菅政権で民主党幹事長や官房長官を務めた枝野氏の起用には、同党内から反発が出る可能性もある。藤村長官は「全員野球で皆の力をフルに発揮する意味では、枝野氏の起用は挙党態勢になんら影響するものではない」と述べた。

枝野新経産相は就任後直ちに原発事故対応のほか、原発の再稼働問題や中長期的なエネルギー政策の見直し、環太平洋経済連携協定(TPP)の参加を巡る問題などの検討に着手する。

経産相就任が決まった枝野氏(12日午後)

経産相就任が決まった枝野氏(12日午後)

政府・与党は臨時国会の会期について16日までの4日間を想定。自民党など野党側は14日からの衆参両院本会議での代表質問で、鉢呂氏更迭に伴う首相の任命責任を追及する。政府・与党は野党側が求める予算委員会の審議を国会閉会後に先送りし、閉会中審査として早ければ26~29日にも開く方向で調整している。

首相は11日、鉢呂氏が福島第1原発周辺を「死の町」と表現したことや、報道陣の一人に「放射能をつけてやろうか」と袖になすりつけるしぐさをしたことに関し「福島県民の心を傷つけることになり、深くおわびしたい」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]