政府与党、採用へ優先度 集団的自衛権で週内に報告書

2014/5/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府・与党は安全保障に関する有識者会議が今週後半に報告書を出した後、集団的自衛権行使を含む安保法制見直しに向け、報告書内容をどこまで採用するかの優先順位付けに着手する。報告書が自衛隊活用などで踏み込むため、慎重な公明党を含めた協議を尊重する姿勢で臨み、丁寧な作業を強調する。報告書で触れる自衛隊の多国籍軍参加は実現を見送る方向だ。

政府の有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]