/

この記事は会員限定です

原発技術者を福島で育成へ 政府、国内外から人材収集

[有料会員限定]

政府は原子力発電所の運営や開発に携わる技術者を育成するため、欧米やアジア各国と連携する。国内外から人材を集め、2017年度にも福島県内に研修拠点を開く。東京電力福島第1原発の事故を受け、廃炉や安全性向上に必要な人材が枯渇しかねない状況に歯止めをかけ、世界市場への足がかりを確保する。

政府は9月にまとめた新しいエネルギー・環境戦略で、「人材や技術の維持・強化策を12月末までに策定する」と明記した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り397文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン