/

この記事は会員限定です

TPP交渉、G20での参加表明見送り 政府、国内摩擦を回避

[有料会員限定]

政府は環太平洋経済連携協定(TPP)交渉をめぐり、18~19日にメキシコで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議での参加表明を見送る。社会保障と税の一体改革や原子力発電所の再稼働をめぐる民主党内の対立が激しくなっており、一段の摩擦を避けるべきだと判断した。ただ日本の交渉参加がさらに遅れれば、国際的な貿易ルールづくりで不利になりかねない。

野田佳彦首相は12日の衆院予算委員会で、G20でTPP交...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン