次期戦闘機、米国製F35最有力 16日に決定

2011/12/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は12日、野田佳彦首相と関係閣僚による安全保障会議を16日に開き、航空自衛隊が2016年度から導入する次期主力戦闘機(FX)を決める方針を固めた。候補には米欧の3機種が挙がっており、レーダーに発見されにくい高いステルス性を備える米国製の最新鋭機、F35の採用が最有力な情勢だ。

日本の空を守る主力戦闘機は他国機への応戦や不明機への緊急発進(スクランブル)などを担う。現在はF15とF2だ。政府は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]