/

民主幹事長、マニフェスト見直し表明へ

民主党の岡田克也幹事長は13日に千葉市内で開く党大会で、2009年衆院選のマニフェスト(政権公約)の見直し作業に着手する意向を表明する。12年度予算編成に間に合わせるため、党政策調査会を中心にマニフェスト修正のための組織を設け、編成作業が本格化する夏までに結論を出す考えだ。12日昼の党正副幹事長会議でこうした方針を確認した。

09年の衆院選マニフェストは「予算の総組み替え」や歳出削減で16兆円余りを捻出する方針をうたったが実現できなかった。目玉の子ども手当も、当初予定の月2万6千円の半額にとどまった。岡田氏はかねて「前提が変わったり、与党になって分かったりしたこともある。次期衆院総選挙、折り返し地点に来ているのでしっかりと見直す」と表明していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません